◇戦闘編

【1】ヴィンセントのデスペナルティの特徴を活かした小技

ヴィンセント最強武器であるデスペナルティは、敵を倒していない状態では通常の2/3程度の威力しかないが、128体の敵を撃破するごとに攻撃力が1上がる特徴を持つ。
他のキャラクターの最終武器レベルまで攻撃力を上げるためには、ヴィンセント1人で数千体の敵を倒さなければならないものの、一旦攻撃力を上げれば無限に上がる。
攻撃力をあげていくと、9999でダメージストップすることはなく、カウントストップを振り切り、数万以上のダメージを与えるというバグが発生する。ただ、バグであるため必ず発生するわけではなく、本来なら死んでいるはずの敵がバグによって生き残ってしまったり、ヴィンセント本人が一撃死してしまったりすることがある。

敵を多く撃破して攻撃力をあげなくても、「怒りの指輪」をヴィンセントに装着させると、ほぼ全ての敵に対してダメージ限界突破が可能となる。また、「英雄の薬」を使用すればルビーウェポン以外の全ての敵に対してダメージ限界突破が可能となる。

【2】コレルプリズンの井戸の中に隠しモンスター

コレルプリズンにある井戸の中(からっぽの宝箱がある所)では、ガードハウンドと同じ姿の「テスト0(ガードハウンド)」という4匹組のモンスターが低確率で出現する。何も攻撃してこないうえに、こちらが攻撃すると「いたいでするー」、「うラ〜、いたいやんけえ、わレ〜」などとよくわからないことをしゃべる。HPが非常に高く、倒すのに苦労するが、毒状態にしておけば楽に倒すことができる。4匹全て倒すと4万ギルも獲得することが出来るため、一度は遭遇しておきたい。ただ、インターナショナル版には出現しない

テスト0(ガードハウンド)
LVHPMP弱点無効ステータス属性EXPAPギル変化操る
30000255100010010000ポーションなしなしなし

【3】バックアタックを回避する方法

敵に遭遇してバックアタックになったら、すぐにL1R1押し続けてパーティーが逃げるポーズを取らせる。そして、逃げるポーズを取ったらすぐにR1とL1を離す。そうすると、パーティーが反転して敵の方向を向くことが可能となる。

【4】戦闘中にHPが7777の状態になると……

戦闘中にHPが7777になると(リジェネ回復中は不可)、画面上に「オール7フィーバー!」と表示され、名前が点滅してフィーバー状態になる。この状態になると敵のモンスターや味方は行動不能になり、フィーバーしたキャラクターが敵を全滅させるまで自動的に攻撃を繰り返す。しかも、与えるダメージは必ず7777。ただ、フィーバーしたキャラは戦闘終了後HPが1になってしまう。滅多にみることは出来ないが、一度はみておきたいところ。

【5】逆オール7フィーバー

戦闘中に敵モンスターのHPが7777になると、味方パーティーが7777になった時とは異なり特に変わった表示が出るわけではないが、一度だけ7777のダメージを与える攻撃をしてくる。

【6】ケット・シーのリミット技「オールオーバー」を少しだけ出しやすくする方法

リミット技「オールオーバー」は強敵ウェポンからラスボスでも一撃で倒してしまう最強技ではあるが、そのかわりに滅多なことでは発動しない。1、2個目のスロットは目押しでケットシーを並べても、3個目で目押ししても、滑ってしまい他のマークになってしまう。そこで、3個目はケットシーの顔の手前のマークで〇ボタンを連打する。そうすると、滑らずにケットシーの顔で止まってくれるため、目押しさえ出来てしまえばオールオーバーの発生確率を高めることが可能となる。

【7】サボテンダーを使ってのリミットゲージ稼ぎ

戦闘までの下準備として、パーティーの一人にマテリア「あやつる」を装着しておく。その状態でサボテンアイランドに行き、サボテンダーと戦闘になったら直ぐに「あやつる」を使い、リミットゲージをためたいキャラクターに向かって「はりせんぼん」を使う。「はりせんぼん」は防御力に関係なく1000ダメージを与えるので、リミットゲージはすぐに上がる。なお、「いかり」状態にしておけばさらに効率的。

【8】「まほうみだれうち」「Wまほう」で召喚魔法を使用した場合

「まほうみだれうち」を使用した場合、乱れうち回数が1減るだけであり、召喚魔法の回数は変化することはない。召喚魔法に関係なく、乱れうち一回で組にした魔法を4回唱えることが可能となる。乱れうち回数がゼロになると、召喚魔法を残っている回数分使用することが可能となる。「Wまほう」の場合は、使用回数が1づつ消費される。「Wまほう」で召喚獣を2回呼び出した場合、召喚使用回数が2減る。

【9】後列からでも威力が下がらないマテリア

「えんきょりこうげき」マテリアを装備しなくても、後列からの攻撃で威力が下がらないマテリアがある。「へんか」「ひっさつ」「ぜんだいぎり」「みだれうち」は後列からでも威力が変わらない

【10】リフレクの最大反射回数は?

他のFFとは異なり、FF7のリフレクは反射された魔法をさらに反射することが可能。敵と味方にリフレクを掛けて反射させていくと4回反射させることが可能となる。

【11】レジストの意外な効果

レジストは戦闘中に使用すると、それ以降ステータス変化が起こらなくなる。このことを利用して、敵モンスター(味方でも可能)を混乱状態にしてからレジストをかける。すると、通常なら攻撃すると混乱状態が解けるが、いくら攻撃しても混乱状態が解けなくなる。この状態を解除するには、デスペルでレジストを解除してからステータス異常を回復する必要がある。混乱状態以外にも、毒状態や「あやつる」状態を維持、また、ヘイストも維持することが可能。ただし、睡眠状態やリジェネなど時間経過によって回復するステータス異常に対しては効果がない

バラエティ編

イベント&システム編

コメント



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS